Symantec Web Isolation
Webアプリケーションとデータ、そしてクライアントを守るWebアイソレーション

Symantec Web Isolationとは

リモート仮想ブラウザでWeb全体をレンダリングし、イメージを届けることにより、セキュリティ事件、事故を防止します。

  ※データ(文字、数値、数式など)を読み取り、実際の画面に映る、画面や映像などに変換すること。

Web Isolationの分離方法

クライアントのブラウザやWebサイト上で使われているFlash、Javascriptなどのプラグイン、コードの脆弱性を攻撃者が悪用すれば、クライアントにマルウェアを感染させることが可能です。
Web Isolationは、分離されたセキュアなコンテナ上でWeb経由のコードは実行され、無害なデータのみ端末に送られます。

クライアントのWeb閲覧の利用を制限することなく、エンドポイントの安全性を担保出来るWebセキュリティ対策を実現することが可能です。

Symantec Web Isolationの仕組み

1.クライアントを守る(エンドポイント端末保護)

・セキュアなWebゲートウェイ
  ―URLフィルタリングで特定のWebサイトカテゴリへのアクセスを制御
  ―きめ細かいファイルダウンロードポリシー
  ―HTTP/HTTPSを利用するアプリケーションの制御

・既知と未知の攻撃を防御
  ―水飲み場型攻撃
  ―ドライブバイダウンロードやフィッシング

・C&C通信をブロック

ブロック

Bots

XSS

SQL
Injection

Man in the
Browser

Exploit

Zero
Day

・・・
more


2.Webアプリケーションを守る(Webアプリケーション保護)

・HTMLのソースを見せないため、Webサイトへの攻撃を防止
  ―SQLインジェクション
  ―クロスサイトスクリプティング
  ―マン・イン・ザ・ブラウザなど

・ゼロデイの脆弱性を排除

・アプリケーションのパフォーマンス影響が極少

・冗長化や負荷分散が可能

・アプリケーションからの情報漏洩を防止
  ―クリップボード、保存、印刷などの操作を制御

ブロック

Bots

XSS

SQL
Injection

Man in the
Browser

Exploit

Zero
Day

・・・
more

     

【注意】
上記の内容は、情報編集時の情報です。製品開発の都合で内容に追加や削除が生じる場合がございます。
最新の情報については、製品Webサイトなどをご確認ください。


     

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。予めご了承ください。

ボタン