ソフトウェアテスト
Software Testing

第三者によるソフトウェアテスト

ソフトウェアテストサービス
Software Testing Service

第三者検証として、システムの機能や性能が仕様通りに構築できているかを確認する総合テスト、運用に関わる運用テスト支援、システムの総合的な品質を評価する品質評価支援、既存のシステムを新しいシステムや環境へ移行するマイグレーションテストを行います。

  • 総合テスト

    構築したシステムの機能や性能が仕様書通りに構築できているかを検証し、システムの円滑な運用を実現します。


  • 運用テスト支援

    本番稼働後と同様の環境下でユーザー側が行うテストの進行を支援します。


  • 品質評価支援

    総合テスト結果での品質データから、システムの総合的な品質を評価します。

  • マイグレーションテスト

    既存のシステムを新しいシステムや環境へ移行するマイグレーションの品質を評価します。


第三者検証のメリット

第三者の立場で検証することにより、以下のような品質向上、コスト削減を実現します。


1

品質向上

テスト専任体制を構築し、先入観なくテストを実施することにより、当事者が気が付かない不具合、欠陥の検出が可能。信頼性の高い高品質なテストを実施。

2

コスト削減

テスト工程の状況に合わせたリソースを割り当てることにより人的コスト削減に貢献。

3

開発エンジニアの有効活用

テスト工程に割いていた要員、時間を開発業務に割り当てることにより生産性向上に貢献。

ソフトウェアテストイメージ

ITサポートサービス


マイグレーションテスト

メインフレームやオフコンなどレガシーシステムの新プラットフォームへの移行や、ハードウェア、プラットフォームのEOS対応、現行システムの有識者や技術者の不足など、様々な要因によりマイグレーションの需要が拡大しています。
当社では、効率的な試験実施体制を整備・強化し、マイグレーション開発から試験(品質テスト)実施まで、一気通貫でのマイグレーションサービスを提供しています。

マイグレーションでは、マイグレーション前後のシステムの動作が同じになることを保証する必要があり、品質確保のためには現行システムと新システムを比較し、限られた時間の中で「正しい動作」を分析することが重要です。
既存システムは、過去の機能追加や不具合の改修などにより 資産が蓄積され膨大となっていることが多く、効率的なテストが困難になりがちですが、当社では専用テストツールなどを活用し、試験の自動化、効率化を図っています。

テストを委託していただいた企業様では、開発エンジニアの方がテストにかかっていた時間で別の開発を行えるようになるなど、生産性向上を実現していただけます。

導入事例


ボタン