RPA導入支援
RPA

現在の業務や課題を分析し最適なRPA適用範囲をご提案いたします。導入後の教育・定着化・運用保守設計まで支援いたします。

>RPA導入支援サービス”></figure>
      </div>
    </section>
    
    <section id=

RPAとは
About RPA

RPAとは、Robotic Process Automationの略で、バーチャルな労働者「デジタルレイバー(仮想知的労働者)」がホワイトカラー業務を代行することで、業務の自動化・効率化することを指します。
少子高齢化、働き方改革等での労働力低下に代わる労働供給手段として注目を浴び、業務効率化や社員の生産性向上に寄与することで急速に普及しているソリューションです。

RPAが特に効果を発揮しやすいエリア

RPAの効果
The Effect of RPA

  • RPA 働き方改革実現

    働き方改革実現

  • RPA 開発コスト削減

    開発コスト削減

  • RPA 人件費削減

    人件費削減

  • RPA 作業の高速化

    作業の高速化

  • RPA 属人化防止

    属人化防止

  • RPA 24時間365日稼動

    24時間365日稼動

RPAサービスメニュー
RPA Service Menu

  • RPA導入コンサルティング

    RPA コンサルティング

    最適なRPA適用範囲の整理・PoC(概念検証)・ロボット開発研修・ロボット作成支援・ロボット運用支援・OCR連携など、RPAの導入から開発、サポート、保守まで一気通貫で対応いたします。

  • WinActor導入

    RPA WinActor

    WinActorは、NTTグループで研究・利用を続け、技術とノウハウが詰まった、業務効率を支援するソフトウェア型ロボットです。 Windows上で操作可能なアプリケーション、個別の業務システムを利用した業務をシナリオ(ワークフロー)として学習し、ユーザのPC業務を自動化します。当社は特約店契約を締結しております。

  • WinDirector導入

    RPA WinDirector導入

    「WinDirector」はNTTデータが企画・開発し、多数のWinActorを一元的に管理・統制するための運用ツールです。複数のWinActorの実行のスケジューリングや多重実行、即時実行の管理を行うほか、各WinActorの実行結果やステータス確認などを容易に行えます。

  • WinActor操作研修

    RPA WinActor操作研修

    受講者のレベルに合わせた研修(入門編、初級編、中級編)を実施しています。また、貴社の業務に合わせた研修教材を作成し実施するメニューもご用意しています。
    ※お客様がご指定の場所へ訪問し、研修を実施することも可能です。

  • WinActorライブラリ提供

    RPA WinActorライブラリ開発

    お客様内の共通業務やWinActorから特定のシステムと連携する仕組みを構築し、WinActorで容易に利用できるようライブラリとしてご提供します。

  • RPAエンジニア派遣

    RPA エンジニア派遣

    RPAエンジニアをお客様先へ派遣させ、シナリオ作成及び運用保守を行います。『常駐対応』や『1シナリオのみ対応』などお客様のご要望に合わせた体制をご提供します。

WinActorの特徴
Features of WinActor

WinActorには様々な長所がありますが、特に以下のポイントは多くのユーザ様に評価いただいております。

自動化対象ソフト Windows端末から操作可能なあらゆるソフトに対応 IEやOffice製品(Excel、Access、Word、Outlook等)はもちろん、ERPやOCR,ワークフロー(電子決済)、個別システム、共同利用型システムにも対応
対応言語 完全日本語対応
対応言語を順次拡大
操作画面、マニュアル、サポートのすべてが日本語・英語に対応
対応言語を順次拡大
取扱い難易度 ユーザー部門でも操作可能 操作性が高く、プログラミング知識や特殊な言語は不要
信頼性 NTTグループで開発・利用 NTT研究所が開発、グループで長年利用し、ノウハウが詰まったソリューション
サポート 技術社による充実したサポート NTTデータ・パートナー企業が国内のすべての地域を網羅
海外パートナー企業によるグローバルサポートも展開
価格 お求めやすい価格設定 まずはやってみよう」で始めやすい料金体系
環境 PC1台から動作 特殊な環境構築は不要
PCにインストールするだけで利用可能
導入期間 即日利用OK 環境構築もルール作成も簡単
スモールスタートに最適
製品成長 頻繁な機能拡張 提供計画と、お客様のご要望を反映した
ショートスパンでの機能拡張

ロボット管理の課題
Robot management problem

ユーザの代わりに作業を実行してくれるロボットを効率的な動作を行えるよう最大限に生かすには、ロボットを運用するための管理・統制をすることが大切です。自動化する範囲や業務を拡大していくと、以下のような課題が上がります。

  • ライセンス導入数が、数十ライセンス~数百ライセンスと大規模化し実行の手間がかかる
  • サーバー上やパソコン上に点在する多数のWinActorに対する集中管理とガバナンスが必要になる
  • 不正利用、野良ロボット(※1)が顕在化するロボットを正しく、企業に有益になるように運用するためにはこれらの課題をクリアすることが必要になります。

※1野良ロボット・・・現場や一担当者が作成し、管理されぬまま業務内容や所有者が分からなくなってしまったロボット。

WinActorの管理統制ロボ『WinDirector®』
About WinDirector

WinDirectorはその名の通り、ロボットを「監督」「指揮」する管理運用ツールです。

WinActorを導入し、社内展開にてライセンス数が増えたり、体系的管理を行う際に、効果を発揮するツールとなります。

WinActorをまずはトライアルで部分導入し導入効果を測定できると、本格導入に向けて社内展開が始まります。社内展開を見据えたときに、前項のような課題が顕在化し、ロボットを管理する体制や仕組みづくりが必要となります。

WinDirectorは、前項の課題を解決する機能を多数取り揃えており、ユーザに代わりロボットを管理する、秘書のような役割を果たします。
主な提供機能は以下の機能となります。(より詳細な機能についてはお問い合わせ下さい。)

No. 課題 機能
1 ライセンス数の大規模化による複数ロボット実行の手間 ジョブ管理機能 WinActorで実行するシナリオを「ジョブ」として登録し、WinDirectorが登録されたジョブを 、設定された順番や時間に実行します。複数台のロボットを同時に実行させるよう登録をすることも可能です。
2 WinActorの集中管理とガバナンス 機能権限機能 ユーザーごとに利用する機能の設定を行います。権限の設定方法により、シナリオやジョブの登録可否を制限することができ、 部署や役職によるガバナンスの統制を利かせることが可能です。
端末管理機能 実行ロボがインストールされている端末情報を登録し、管理をすることが可能です。ジョブ管理機能で、登録されている端末に対して実行指示を行います。
3 不正利用・野郎ロボットの顕在化 ユーザー管理 WinDirectorを操作できるユーザーを登録することができます。
シナリオ管理 WinActorで作成したシナリオを登録し、ユーザーが所属しているグループに紐づけて使用制限を設定することができます。

WinActor連携ソリューション
WinActor × Solutionn

WinActor × AI-OCR

「帳票読み取り~システムへの入力」などの業務を
自動化し工数削減、事務ミス防止

WinActor × DataSpider

社内システム連携にも活用できる自動化インフラとして利用を拡大

WinActorを導入されたお客様(順次掲載予定)
Installation Result

  • 日清食品ホールディングス株式会社様
  • 通信業A社
  • 計測器メーカーB社
  • 建設業C社
  • 機械製造D社
  • 人材派遣E社
  • 医療機器製造F社
  • 食品製造G社
  • 素材メーカーH社
  • 小売決済業I社
  • 建設業J社
  • 出版会社K社
  • システム開発業L社
  • システム開発業M社

※WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

ボタン