3分でわかるニーズウェル
NeedsWell in 3 minutes

 

ニーズウェルとは / About NeedsWell

ニーズウェルは、金融系システム開発を中心とした4つのサービスを展開する独立系システムインテグレータです。

  • 業務系システム開発
  • 基盤構築
  • コネクティッド開発
  • ソリューション・商品等


ニーズウェルの強み / Strength

金融業界を支えるシステム開発 + エンドユーザーとの直接取引

■金融系システム開発力が高い

金融系の業務システム開発が売上高の50%。
中でも生命保険・損害保険分野に強み。       
銀行、クレジットカード、証券でも多数の実績。

■エンドユーザー直接取引比率が高い

生命保険会社・大手ホテル・通信キャリアなど、エンドユーザーとの直接取引が売上構成比の50%と高水準。


■幅広い業種・技術の実績とソリューションサービス力が高い

システム開発20年、取引実績顧客数約300社の実績。
5G、AI、RPAなど、顧客のビジネスの目的に合わせた最適なソリューションサービスを提供いたします。


成長の軌跡 / Trails of Growth

創業からシステム事業立ち上げまで

創業者 故 佐藤一男氏

ニーズウェル創業者の故佐藤一男氏の「広く経済社会に貢献し続ける」という想いから経営コンサルティングを主要な業務とし、1986年に経営計画の策定・改善業務・システム概要設計等の事業開発を開始いたしました。

経営コンサルティング業務を行うなかで世の中のIT化が進み、システム開発の需要が増えてきました。
そこで、コンサルティングからシステムの開発まで一貫して行えるように変化が必要だということから、1992年にシステム部を創設して、経営コンサルティングからシステム開発まで業容を拡大しました。

業績推移

1998年より、システムコンサルティング・システム開発事業の拡大を目指して社員の定期採用を開始いたしました。
中期経営計画においてシステム開発事業の拡大を定め、2013年からシステム技術者の大幅増員を実現するため、キャリア採用を強化してまいりました。
2018年には社員数は500名を超え、継続的に業務を拡大し続けています。

取組み

■サステナブルな社会への取組み~SDGs・ESG・CSR~

当社は、経営理念「広く経済社会に貢献し続ける」を実現するために、二つの側面から活動を続けています。

  • ▶事業と直結する取組み:SDGs・ESG・CSRの視点を取り入れた事業戦略
  • ニアショア開発の促進
  • DXをアシストする新たなソリューションの開発
  • パートナー企業との協働
  • ▶制度や支援活動から支える取組み
  • 働き方改革・人材育成
  • 女性社員・管理職比率向上
  • 学生向けAIプログラミング教室
  • サッカーJリーグ V・ファーレン長崎スポンサー
  • 長崎県ふるさと納税
  • ガバナンスの充実
  • エネルギー削減
VIEW MORE

SDGs(Sustainable Development Goals)は2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」など、17の目標を掲げ、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。


将来性 / Possibility

成長戦略

■事業基盤の確立


業務系システム開発
金融系分野の業務知識技術者の育成・増加により金融系分野の受注拡大をめざします。
強みの最大化
  • 金融

  • DX

  • 物流

  • AI

  • 社会インフラ

  • 流通・サービス

  • 通信キャリア

  • Web


基盤構築

サーバ、ネットワーク、セキュリティ、データベースの各分野において豊富な知見を活かし、「業務系システム開発」や「ソリューション・商品等」と連携したトータル受注により拡大をめざします。





コネクティッド開発

自動車、医療機器分野のシステム開発に加え、急速に拡大するIoT分野において、コネクティッド技術に関するシステム開発の拡大をめざします。




■ソリューション・ビジネスの拡大

情報セキュリティソリューション

今後の5G時代に向け、更に重要となる情報セキュリティ対策






業務効率化ソリューション

IPA(AI×RPA)の活用による「働き方改革」推進、「人手不足」改善への手段






AIソリューション

さまざまな業種でDX(Digital Transformation)の実現をアシスト
当社が開発する業種別AIソリューションをブランドとして展開しています。



TOPICS

DX(Digital Transformation) の実現をアシストする
業種別AI ソリューションを Work AI と名付け、自社ブランドとして展開



2020年4月、Work AIブランドの自社ソリューション製品第1弾としてSpeak Analyzerの販売を開始しました。営業マンや接客スタッフ、コールセンターのぺレーター等、一人一人のビジネストークをAIで分析・評価。成績上位者のトークモデルと比較し、課題を明確にします。沿革でも指導できるためテレワークでも有効です。今後は表情、感情までも分析可能なモデルの開発予定。


Speak Analyzerに続く自社ソリューション製品を開発中。

■エンドユーザー取引の拡大

受注安定化と収益性向上を目指し、エンドユーザー比率50%を維持拡大していきます。
既存ユーザーの維持拡大
継続案件の確保、業務知識の高い技術者の育成による担当分野の規模拡大、担当分野以外の開拓

新規ユーザーの開拓
既存ユーザーと類似する会社へ、開発実績・業務ノウハウなどの紹介による横展開

ソリューション・ビジネスの拡大
エンドユーザーへの拡販による拡大

成長目標


ニーズウェルは、派遣型ビジネスから脱却し、さらに収益性を高められるような真のシステムインテグレータを目指しています。
2023年9月期の売上高100億円、経常利益10億円を目標に、経営理念である「広く経済社会に貢献し続ける」の実現に向けた中期経営計画を策定しました。



ボタン