Speak Analyzer
ビジネスコミュニケーションの教育を支援する AI ソリューション

様々なビジネスシーンのコミュニケーションを見える化し、企業の従業員の教育・ボトムアップ対策を支援いたします。

Speak Analyzer

Speak Analyzer とは
What’s Speak Analyzer

社員教育にこんな悩みを抱えていませんか?

  • 新人教育に時間・コストがかかる
    フィードバックばかりで新人の教育が大変・・
    OJTの負荷が大きく、時間・コストがかかるため改善したい・・・

  • 人により指導内容が変わってしまう
    自分のフィードバックが全て正しいとは思えない・・
    指導者により、教え方にブレ・偏りがあり、新人社員の理解に差異が発生する・・・

  • 成績上位者のナレッジが少ない
    成績上位者のノウハウを蓄積できない・・
    成績上位者の共通点がわかればもっと効率的に成績を底上げできるのに・・・

Speak Analyzerがビジネスコミュニケーションを
見える化します!

個々のビジネスシーンのトークを数値やグラフで定量的に見える化し、成績上位者と比較することで、課題(不要なトークや不足している部分)を明確化します。 これにより、『指導者のブレ・偏りの改善』『指導者の時間やコストの削減』に繋げるなど、従業者教育・ボトムアップ対策として役立てていただくソリューションです。

営業トーク、プレゼンテーション、コールセンター対応、就職面接、接客などビジネスにおける全てのコミュニケーションを対象として、 AI技術を活用することで、固有名詞や状況に制限されることなく、数値の見える化が可能です。

対象となる音声やテキストをご用意いただくだけで、解析可能なAIソリューションです。

Speak Analyzerの使い方
How to use

Speak Analyzerの特徴
Features

  • AIフィードバックで教育コスト削減/営業力UP

    会話解析AIによる自動レポーティングで、営業ロープレのフィードバックや研修など、教える人によってブレが生じがちな指導の時間やコストが削減できます。

  • 数値・グラフだから、客観的で納得感がある

    成績上位者のトークモデルと比較して、不要なトークや不足している部分などが数値化され、課題が明確に。指導する側もされる側双方が客観的に把握でき、納得感が得られます。

  • ハイパフォーマーと比較して、改善点がわかる

    何千ものデータが必要なほかのAIサービスとは違い、たった6サンプルからハイパフォーマーのモデルを抽出し、改善点を洗い出します。AI技術により音声、テキストなどあらゆるデータの分析が可能です。

傾向解析(モデル化)について
Trend analysis

ビジネスシーン別にコミュニケーションの質の差を
可視化します!

  • 本当に6名でいいの?

    基本パッケージでは、6名~12名の提出でも十分差は把握できますが、解析対象データを増やす事で、より精度は高まります。(オプションによる追加解析/20名単位)

  • どんなトークを選べばいいの?

    シーンや条件を揃えてデータ提出して頂く事で、 より明確なアクションアイテムとして、結果を認識頂く事が可能となります。「初回アポ」と「クロージング」を分けるなど、 KPIとしてボトルネックとなっているシーンを対象にする事を推奨しております。

  • 成績評価を付けられないか?

    模索的考察オプションを利用することで、同一傾向のある群に分けた可視化等解析結果をご提供が可能です。

個別レポートフィードバックについて
Individual analysis

改善方法を『自分で考える力』が身につく

傾向解析の結果から「どんなコミュニケーションを目指すべきか」のモデルを作成することにより、その結果、一人ひとりの従業員へフィードバックすることが可能です。

一人ひとりのコミュニケーションが、傾向解析モデルと比較してどのような差があるのか数値やグラフで表示します。 どのような要素が不足しているかも、書き起こされた実際のトーク内の「どの段階」に対する過不足かを直接アラートできます。 それぞれに、どんな条件・固有名詞の違いがあっても、比較できるのが強みです。

カスタマイズでフィードバックシートに掲載できる内容例
上位モデルとの差の採点 トークバランスの比較 改善箇所の検出
質問種類別列挙・アラート 論点比較/要点ランキング ロジック欠如のトピック一覧
話題差の検証 情報構成と説明要素一覧 主要語句の使われ方

活用シーンの例

  • 毎週・毎月フィードバックとして配布し、自助努力の改善を促す
  • 研修の初日録音し、最終日にフィードバック・再録音で変化をみる
  • 研修時グループワークとして、自分・モデル・周囲のメンバーと比較し、理解と学習を促す
ボタン