物流
Logistics

WMS(倉庫管理システム)とAGV(無人搬送ロボット)を融合したシステムを活用し、
物流倉庫の入庫、出荷、在庫管理等のデジタル化・効率化を支援いたします。

物流システム開発
Logistics System Development

近年のEC市場の拡大や雇用不足対策として、倉庫設備の自動化・ロボティクスの導入といった物流業界の構造的変革が進んでいます。
物流センターや倉庫においては、商品の入荷から配送までに行われるさまざまな業務や商品の状態を管理するシステムは必要不可欠です。

当社では、WMSシステムの導入から他システムとの連携など、お客様のご要望に合わせたサービスをご提案いたします。

物流倉庫システム開発

当社では、増大・複雑化する倉庫内業務に対応するため、AGV(無人搬送ロボット)等を制御するWCS(倉庫制御システム)との最適な連携を実現したWMS(倉庫管理システム) を開発しております。
これにより、物流現場の省人化、効率化を実現します。

  • RPA 働き方改革実現

    人員コストの削減

  • RPA 開発コスト削減

    作業効率化

  • RPA 人件費削減

    フルタイム稼働可能

  • RPA 作業の高速化

    リアルタイムな
    在庫管理

  • RPA 属人化防止

    特殊な免許が必要な作業の属人化防止

  • RPA 24時間365日稼動

    人的ミスの軽減



WMSとは

WMS(Warehouse Management System)とは、商品の入庫・出荷・保管・帳票類の発行・棚卸といった倉庫内業務全般を一元的に管理し、業務の効率化・デジタル化をする「倉庫管理システム」です。
WMSを活用することで、人員コストの削減、ピッキングなどの人的ミスの軽減、免許が必要な作業の属人化を解消、フルタイムの稼働が可能になるなどのメリットがあります。

WCSとは

WCS(Warehouse Control System)とは、ロボットアームやフォークリフトなどのマテハン機器やIoT機器の動きを監視し、指示を出す倉庫内設備を制御することに特化した「倉庫制御システム」です。
また、WMSと連携することで、倉庫管理システムの情報に基づいてリアルタイムで統合制御を行い、最適なスケジュールでの入出庫が可能になります。

AGVとは

AGV(Automatic Guided Vehicle)とは、物流倉庫などにおいて荷物を積んで、人の力を借りることなく自動で所定の場所に運ぶ無人搬送車・無人搬送ロボットです。
広い倉庫内でも、商品のピッキングからトラックへの積み込みまで、AGV が効果的に稼働します。



ボタン